顔にあるいぼは手術で取り除く【クリニックを受診】

種類に合わせて治療を選ぶ

水着姿の女性

見栄え良く治療を完了

かおにぶつぶつといぼができているのならば、早めに最寄りの皮膚科で治療を始めていかなければきれいに治すことはできません。特にいぼにはウイルス性のものも多く、そういった皮膚病といえるできものの場合放置することで悪化し、治った後が目立つようになってしまいます。そうならないようにするためには皮膚科クリニックを受診することが大切ですが、よりきれいに仕上げたいのであれば美容皮膚科がおすすめです。美容皮膚科は皮膚のトラブルを治療する際に、できるだけ傷跡が残らないように手術することに特化したクリニックとなっています。いぼは種類によって単純に手術で切ってしまったほうがいいものもあれば、じわじわと薬を使っていぼの細胞を崩していったほうはいいこともあるのです。できたいぼの種類に応じた治療法があるので、それらの特徴にあった治療をしてもらえるようにしっかりと医師と話し合いましょう。美容皮膚科は通常の皮膚科よりも患者とのカウンセリングを重視しているため、要望を多く伝えてから治療に取り掛かることができます。より満足いく結果を求めていくことができるので、顔にできて悩んでいるなら、市販薬を買うよりも美容皮膚科にいきましょう。そうすることで結果的にコストを抑えて、種類に適した治療を行うことができるようになるのです。いぼはしっかりと野菜を食べ、毎日睡眠をしっかりとることで出る確率を減らすことができますが、それでもできてしまうことがあります。栄養不足とウイルスによるもの、そして大人になると自然にできてしまう脂漏性角化症と呼ばれるものが顔にできるいぼの原因です。後者の場合は生きていくにあたってどうしようもないのですが、ウイルスによるものの場合は爪で掻かないことを心がければだいぶ予防することは可能となります。そして野菜をしっかり食べることでいぼはできにくくなりますが、これらの対処はできてしまった後でも有効ということは覚えておきましょう。一度できた場合は顔のスキンケアを適切に行って衛生的に保ち、よく食べてよく寝ればウイルス性の厄介ないぼは防ぐことができます。脂漏性角化症は切除手術で簡単に撮ることができ、足の裏にできる魚の目などと同じように液体窒素で固めてきれいにとってしまうことも可能です。どちらのいぼも塗り薬では治療が難しいので、市販薬を慌てて買ってしまうことがないように気を付けていきましょう。手術は切るもののほかに、レーザーで焼く手術や電気焼灼で簡単に焼き切ってしまうやり方がありますが、どちらも痛みは比較的小さいです。液体窒素で固める冷凍方式は痛みが強いので、顔にできたものに対してはあまり向いていませんが、我慢できるのであれば効果的な手術となっています。

治療の選択肢が減ることも

看護師

いぼの中でもウイルス性のものは子どもに出やすく、老人性の脂漏性角化症は40代以降に出やすくなります。自由診療では炭酸ガスレーザーが主ですが、大きないぼでは手術が推奨されます。傷痕が残りにくいように処置してくれる医師が望ましいです。

詳しく見る

安く簡単にできます

女性

いぼの除去手術は多くの人が大掛かりなものだと考えているかもしれません。ところがそのいぼの様態によってはたった一回の治療で済むこともありえるのです。そのためには自分のいぼがどういった種類のものかを正しく認識しましょう。

詳しく見る

病院の選び方と費用の見方

医者

いぼの手術には皮膚科がおすすめです。皮膚科には一般的なものと美容系のものがあり、保険適用によって料金が大きく異なります。レーザー治療は高く、液体窒素の治療はリーズナブルです。予算の中には処方される薬についても忘れずに、考えておきましょう。

詳しく見る

レーザー等で取れない場合

男性医師

いぼが大きくなると手術となりますが、適用サイズはクリニックによって異なるので、まずは診察を受けます。それから、術後は内出血や感染症の可能性があるので、喫煙せず、飲酒やスポーツも一週間ほどは控えると安心です。

詳しく見る

Copyright© 2018 顔にあるいぼは手術で取り除く【クリニックを受診】 All Rights Reserved.